コインランドリーで大物洗いも楽々!

家族全員の毛布が一度に洗える大型洗濯機も登場

コインランドリー業界では、2000年代に入ってから洗濯機・乾燥機の大型化の波が広がっています。以前は、コインランドリーといえば一人暮らしの学生や会社員が利用することが多かったため、小型のから中型の洗濯機や乾燥機が店内のほとんどの部分を占めていました。
ところが、近年では家庭用の洗濯機では洗うことができない毛布や掛け布団、敷きパッドやこたつ布団などを洗うための大型洗濯機への需要が高まっているため、20kgあるいは30kgまでの洗濯物を洗って乾燥することができる大型機をメインとしているコインランドリーが増えてきました。中型機では一度にシングル毛布が3枚、大型機になると一度にシングル毛布5枚まで洗うことができるというのですから驚きです。これなら、一回の洗濯で家族全員の毛布を洗うことができてしまいます。

コインランドリーで大型洗濯機を使うときの注意点

コインランドリーで大型洗濯機を使うときには、各洗濯機ごとの容量を確認して、容量を超えた洗濯物を入れすぎないように注意しましょう。いくら大型洗濯機だと言っても、きちんと汚れを落として、乾燥させることができる限界があります。
洗濯物を詰め込みすぎると、汚れが落ちていなかったり、乾燥させるのにたいへんな時間がかかってしまうなのどの弊害が発生します。各洗濯機の目立つ場所に、容量や目安となる分量が表示されていますので、使用する前に確認するようにしましょう。
また、乾燥機を使用する場合は、あまり長時間乾燥機を回し続けると洗濯物の生地を傷めてしまうことがあるので要注意です。熱に弱い化繊の衣類は特に慎重に乾燥時間を決定しましょう。